カナガンは腎臓に負担がかかるってマジ?

腎臓病かもしれないときの心掛けてほしい不調をピックアップしてみました。

・今までよりも水を飲み、尿の量が多くなった
・食欲が低下してきて、体重が少なくなってきた
・尿のニオイがあまり気にならない気がする
・毛艶がなく、毛並みも悪化した
・口臭や歯茎の白みが不安

慢性腎臓病の初期症状としては、多飲多尿となるケースが多いのも特性のひとつなので、こういう症状が現れたら獣医師に相談してあげましょう。

また、慢性腎臓病になる前からちゃんと腎臓ケアのキャットフードに交換することもおすすめしたいと思います。

先述のような症状やありふれたちょっとした気付きがあったら腎臓ケアが要される時期かもしれませんね。

高齢猫(シニア期)は腎臓機能が悪くなってやすいので常に気にかけて早期の発見が肝要です。

 

カナガンが腎臓にいい理由とは?

カナガンキャットフードの成分にはオメガ3脂肪酸というものが含まれています。

「オメガ3脂肪酸ってなんやねん!初耳だ!」と何となくツッコミたくなるかもしれませんが、なんとこの成分が腎臓を手助けする効き目が期待できるんですね。

オメガ3脂肪酸は血流を促進する効力があり血液もサラサラにするんですね!

血液がドロドロだと不健康なとテレビやネットニュースなどで聞きませんか?
人と同じで、猫も血液がサラサラになることで健全になるんですよ。

ある研究結果では、とりわけ腎臓は血液と深い関わるがあると考えられています。

血液がドロドロだと血圧が高くなり、腎臓にストレスを加えてしまうんです。

ですので、カナガンキャットフードの中に於いているオメガ3脂肪酸で血液を綺麗にして腎臓を手助けすることができるんですね!